×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

640title.jpg

◆プロフィール




◆プロフィール


2008年9月現在、こんな人間です。よろしくお付き合い願います。


 ▼特徴
 ▼嗜好
 ▼海外旅行歴



【特徴】


・マサと呼んでください
・1976年生まれ、O型、みずがめ座
・関西人だけど、コテコテ度は低し
・平和主義。でも負けず嫌いの頑固者
・大胆な小心者?自分でも不明
・睡眠欲は無限大、二度寝サイコー
・猫派か犬派かと問われれば犬派
・動物占いは狼。当たってる?
・究極の憧れは悠々自適の印税生活
・夫婦世界一周、やっちゃいました!

masa.jpg


 ▲このページのTOPへ


【嗜好】


[行動] そりゃもう海外旅行!国内もいいけど、外国で受ける刺激がたまらない。他にはスキー、ツーリング、キャンプなど。登山やスキューバダイビングもガンガンやりたいけど、そんなにタフガイではないのでままならず。


[国] 人が好きなのはミャンマー、メキシコ、ブラジル、シリア、エジプト、モザンビーク、タンザニアのザンジバル。奥深さにとりこになってしまうのはインド、中国。唯一の嫌いな国はヨルダンです。ヨーロッパは歳をとってからでいいや。


[食] 天ぷら、日本のカレー、ジャガイモ、ネバネバ系。


[本] 学生のころは宮本輝ばかり読んでました。『流転の海』シリーズは下手な大人の説教よりもためになる。『ドナウの旅人』も好き。月並みですが沢木耕太郎の『深夜特急』、素樹文生の『上海の西、デリーの東』、山田和の『インド大修行時代』は旅本の中では特にいい。最近、やっと司馬遼太郎のよさが分かってきました。


[映画] 最近の映画は見てないのでよく知りませんが、『ショーシャンクの空に』、『スタンド・バイ・ミー』、『ロザンナのために』、『天空の城ラピュタ』は何回見ても飽きません。『イングリッシュ・ペイシェント』の映像美にも惚れ惚れ。映画ではなくアメリカのドラマですが『フレンズ』はつらいときの栄養剤。笑ってストレス発散。


 ▲このページのTOPへ




【海外旅行歴】


1996年7月
(20歳)

大学の友人と海外デビュー。フィリピン、マレーシア、シンガポールへ。初の海外の地がマニラというのは刺激が強すぎた!マラッカのバーで、歌い手のおネェちゃんに当たって砕ける。


1999年5月
(23歳)

姉の結婚式でサイパンへ。ラッキー!だけど、このころはまだ外国に慣れてなくて、ホテルのプールサイドで寝るか大人しくオプションツアーに参加するだけの可愛いヤツでした。


1999年6月

2000年3月
(23〜24歳)

大学院を一年間休学して、アメリカ西海岸周遊、カナダのバンクーバーに四ヶ月半滞在、そして韓国、タイ、インド、ネパール、ラオス、中国を三ヶ月放浪。もがきながら目一杯楽しんだ日々。帰国後は満足して落ち着くどころか、ますます旅の虜に。やってよかったと心から思う。


2001年8月
(25歳)

夏休みにどこに行こうか悩んだ末、たいした熱意も持たずに行くことになったミャンマー。で、行ってみたらハマッた。信仰心の厚い親切な人々、ノスタルジックな田舎の風景。心癒された三週間。


2002年3月
(26歳)

修了式にも出席せず、学生最後の旅はブラジル、パラグアイ、ボリビア、ペルーの南米横断コース。サンパウロで親戚の家に世話になったあと、ペルーのリマまでひたすらバスによる移動。イグアスの滝、ウユニ塩湖、マチュピチュなどに感動するもハードな一人旅だった。


2002年7月
(26歳)

新人のくせに配属されて早々に休暇を取得。タイのタオ島で念願のスキューバダイビングのライセンスを取ったあと、ずっと気になっていたアンコールワットへ。やっぱりアジアはいい!


2003年11月
(27歳)

二週間の新婚旅行でオーストラリアへ。初めてスーツケースを使った。グレートバリアリーフではダイビング三昧の船上暮らし四日間。ハエと戦いながら登ったエアーズロックからの景色に感動。


2005年1月
(28歳)

嫁さんにもバックパックを持たせてバリ島へ。思ったより清潔でない町やヒンズーの匂いに久々のアジアを感じて興奮気味。ダイビングやヴィラ滞在などのリゾートも満喫。ボロブドゥールツアーにも参加して世界三大仏教遺跡制覇!


2005年5月
(29歳)

友人に会いに台北に。食文化の高さはさすが。日本と似ている点と異なる点を比較しながら、町や人を見るのが面白かった。


2006年7月
(30歳)

フィリピンのボホール島&パングラオ島へ。ダイビングでぐったり疲れて歳を感じつつも、素朴な人と自然に癒された一週間。子どもたちの笑顔を眺めながら、信号のない道をバイクで走るのは爽快!


2007年8月

2008年8月
(31〜32歳)

念願の夫婦世界一周。通過のみも含めて訪問国を全部挙げると、アメリカ、メキシコ、グアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ、ベネズエラ、チリ、アルゼンチン、ボリビア、ペルー、エクアドル、ブラジル、フィンランド、スペイン、モロッコ、トルコ、シリア、ヨルダン、イスラエル、エジプト、南アフリカ、ナミビア、ボツワナ、モザンビーク、マラウイ、タンザニア、ケニア、タイの計三十ヶ国。この経験は一生の宝物です。


2010年10月
(34歳)

一歳の息子を連れてバリのウヴドでのんびり。アジアの匂いにワクワクするも、旅ではなく完全にバカンス旅行。

 ▲このページのTOPへ